JAPAN SNS TRAVELER

日本SNS紀行 あなたもきっと行きたくなるまったり癒し旅

MENU

TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」ストーリー紹介

八男って、それはないでしょう!

ある朝、二流商社に勤める主人公一宮信吾が、自分が他界の貧しい貴族の出であることと、その八男・ベンデリン・フォン・ベノ・バウマイスター5歳、「ベル」の異名あり。であることに気付く。

下級貴族であったが、実家が貧しく「今行動しないと、人生の早い段階で身動きが取れなって終わる。」と考えていた。

自分の書斎にマジックボールがあることを知り、教科書を参考にして独自の練習を始めたが、家族には放置されていた。

ある日、彼は森の中で魔法使い、「語り死人」アルフレッド・レインフォード愛称「アル」と出会う。

アルが語り死人となったのは、30年という短い生涯で培った魔法を財産に託すことができる弟子を探していたからである。

2週間を費やしてアルから魔法の秘密を学んだウェンデリンは、最終日に教えられた聖なる魔法でアルを清める。
長男・クルトの結婚に伴い、次男を含む4人の兄は娘婿となるか自活のために領地を離れ、五男・エーリッヒを含む3人は家を出たが、ウェンデリンは一人残され幼かったため実家に残った。

その後の6年間で、ウェンデリンは実地訓練を続け、領土の荒野を走り回り、略図を描き、海や鉱山で塩や貴金属を魔法で精製し修行を続けていた。

 

2013年六月から2017年三月まで、合計163話が小説投稿サイト「小説家になろう。」で連載され、2014年四月にはMFブックスから単行本として出版された。「八男って、それはないでしょう!」は累計200万枚以上を売り上げ、2020年4月2日からはTVアニメ版としてTOKYO MX、BS 11などで放送した。