JAPAN SNS TRAVELER

日本SNS紀行 あなたもきっと行きたくなるまったり癒し旅

MENU

先斗町の夜を楽しむならチェックしておきたい

先斗町

先斗町 (ぽんとちょう) は京都五花街の一つで、三条通の一本南から四条通まで鴨川に沿って南北に走る細長い通りである。もとは鴨川の土手であったが、鴨川と高瀬川の堤防工事によって1670年 (寛文10年) に埋め立てられ、町が整備されたのが始まりとされる。

夜なのに全然店やってない先斗町。レアな風景。 pic.twitter.com/U0Zym57EUx

— Masazumi Honda(@masazumi318)Thu Apr 29 10:38:09 +0000 2021

語源はポルトガル語ponta (先) 、ponte (橋) 、ponto (点) と言うのが変化したとも言われ、また鴨川と高瀬川の間で太鼓が置かれることなどから、例えばポンという音を代弁する洒落とも言われる。
この地域に水茶屋が建てられたのは1712年頃のことである。高瀬舟の船頭や旅客目当ての旅籠屋が娘を茶席に迎えたのが始まりとされるが、正式に芸妓扱いが許されたのは1813年であるという。花街には、芸妓や舞妓が住む飲食店や、舞や音曲を披露したり、酒宴の席を提供したりするお茶屋があり、芸事を習う流派もあります。もともとは明治初期に裁縫や機織りを教えることを目的に設立され、当時は芸妓や舞妓だけでなく、女性一般も教えていた。

先斗町 おすすめ

祇園の賑やかな花見小路と並び、先斗町を中心とした閑静な路地は、京都の雰囲気を感じることができる素晴らしい場所です。この石畳の道には、おばんざいを出すレストランやバーが80軒以上並んでいます。先斗町は少し敷居が高い雰囲気がありますが、京都の雰囲気の中で気軽に晩酌をしましょう。

r.gnavi.co.jp

近隣情報

ascension.hateblo.jp

ascension.hateblo.jp