青年将校新聞

私たちが向き合わなければならない本当の真実

MENU

レビュー

ひぐらしのなく頃に 業 エピソード12

里子の家族はダム計画を支持し、彼らの名前は泥のように立派だった。誰もサトコに責任はないと思っているが、それを認める第一歩を踏み出そうとする人はいない。圭一さんは、評議会に 「臆病者、偽善者」 などと、勇気づけられる声をかけることができる。彼…