JAPAN SNS TRAVELER

日本SNS紀行 あなたもきっと行きたくなるまったり癒し旅

MENU

ひぐらしのなく頃に 業 エピソード12

第12話をどのように評価しますか?

f:id:kaisentengoku:20201219100109p:plain

この弧がここで解決されるのを見たかったが、GOUはKeiのメモを見て、この弧を5つのエピソードに広げている。今週の日暮で議論することはほとんどない。すべてが単刀直入な形で提示されているからだ。圭一さんは、ひなみ沢の町民をもっと集めて児童福祉事業に介入させようと運動を続けている。今回は、CWSが1カ月以内に決定すると伝えられている。

 

これでは満足できません。毎日、里子が虐待されるのは一日の無駄であり、友達にとっては耐え難いことだ。桂一さん、ミオンさん、シオンさん、レナさんは、実際の村の会議で状況を政府に伝えられれば、状況は変わると確信している。しかし、町長や年配の町民は、子どもたちがあまりにも注目されていると考えており、圭一さんの動機に賛同しても園崎の首を怒らせて、祭りの時に死んでしまうかもしれないという暗黙の了解がある。

 

里子の家族はダム計画を支持し、彼らの名前は泥のように立派だった。誰もサトコに責任はないと思っているが、それを認める第一歩を踏み出そうとする人はいない。圭一さんは、評議会に 「臆病者、偽善者」 などと、勇気づけられる声をかけることができる。彼らは自分たちの考えの誤りを見ても、園崎おりょうがサインをするまでは、許可を下そうとしません。

 

おりょうを納得させようとした圭一の試みについての私の記憶は、ここで私が見たものとはかなり違っていますが、はっきりと言えるほどの自信はありません。圭一がそんなに積極的だった記憶はありません。すなわち、面と向かっておりょうを殺すとおどしたのです。二人は力の見せかけとして叫び合うようになり、それだけでおりょうの冷たく、死んだ心を燃え立たせるのです。

 

このアークはまだまっすぐに再生されていますが、オープナーにはターンできるヒントがありました。この戦いを潔く戦わず、園崎が祭りで哲平を殺すだけのようなことが何度かあった。そうすれば、村の多くの悩みは解決するが、少なくとも一見したところでは、圭一さんが闘っている結果を得ることができるだろう。話が始まる前に、哲平は道端の神社を蔑み、鳥居の上で小便をしたという。里子を虐待した啓一は庁舎の外で抗議しており、市議会の長老たちはそれが政府の資金を危険にさらすことを恐れている。さて、圭一さんは、男と戦うことの方が大切だとみんなに納得させたが、だからといって、鉄兵がすぐに一石二鳥になるわけではない。また、池江先生が村立学校の認定が取り消される可能性があると発言したという事実もあります。

 

私は、このことを内部で処理したいと思っている年配のメンバーがひなみざわにいて、もし彼が井戸を少し歩いていたら、誰も哲平を恋しく思わないだろうという感覚を得た。しかし、「グッドエンド」は里子を再び仲間に迎え入れることに大きく依存しているため、この代替案が仮にあったとしても悲惨な結果を招くことになりかねない。