JAPAN SNS TRAVELER

日本SNS紀行 あなたもきっと行きたくなるまったり癒し旅

MENU

紀伊半島蘇りの聖地・日本一の鳥居・素晴らしい大社・熊野本宮大社

kumano kodo 熊野本宮大社

まず、鳥居の大きさに圧倒されます。高さ33.9メートル、長さ42メートルですから、大きいですね!日本最大の大鳥居のようです。近づくと上を見ないと全体が見えないし、いい写真も撮れないので、遠くから見ることをおすすめします。中に入ると大木がたくさんあり、神秘的な雰囲気を感じられます。熊野本宮が特異な神社であることは、天皇上皇が「熊野参詣」として参拝していた場所であることからも理解できる。元々は神様が舞い降りた場所として有名だったので、今ではパワースポットの一つになっているようです。

熊野本宮大社

世界遺産に登録されている神社です。紀伊半島の聖地の1つで、日本サッカー協会のシンボル「八咫烏」が神の使いとして使われている。そのため、サッカー関係の有名人がよく参拝します。神社の周りには世界遺産にも登録されている熊野古道中辺路があり、トレッキングにはもってこいの場所だと感じました。また、神域と言われているだけあって、境内の雰囲気はとても厳かで、心が洗われたようでした。熊野本宮大社の隣には、もとは神社だったと言われている大斎原があり、熊野本宮大社と一緒に是非訪れるべき場所です。大鳥居の先には聖域なので、写真撮影や帽子は禁止されています。

熊野本宮大社